会員の活動紹介

 

吉本翔風個展 【 Ondulation    うねり 】

 

時流の大きなうねりの中で、浮き沈む心の波動をありのままに受け

止め、感じた変化を、未来に向かう意思を持って表現しました。

 変化しないものはありません。その変化を受け入れ進めて行きます。

 

2022.5.11[wed]~5.22[sun]

月~金11:00~17:00

土・日11:00~18:00 ※最終日は17:00まで

 

末永文化センター 2Fギャラリー[入場無料]

 〒814-0133

福岡市城南区七隈1-11-50 TEL.092-821-3338

地下鉄別府駅より徒歩15分 ・西鉄バス荒江団地前より徒歩3分

 

詳しくは吉本翔風HPへ https://shofu-y.com/

 

●感染症対策として、手指の消毒、マスクの着用のご協力お願い致します。

 

 


<井本 元義 氏>よりお知らせ

 

 

 地獄に魅入られた男 ランボー

 

著者がランボーの足跡を追っていく

追えば追うほど、ランボーの影は遠のく

坂道や路地、カフェをめぐり、ランボーゆかりのホテルに泊まる

裏通りに踏み込み、ランボーの詩の一節を口ずさむ

愛しさと憎さのためにランボーを撃ってしまった

ヴェルレーヌの心を推し量りながら

 

 

購入・詳細はこちらをご覧ください

 

 

 

<井本 元義 氏>よりお知らせ

 

 花の精、花の香、花の色

それは美しく、妖しげに揺れる業火

妖花が悪夢を呼び……

 

退廃の美へ その時私はあっと声を上げた。

荒 涼とした風が沸き起こり、丘の上に広がる空の闇が布のように二枚にめくれ、

大きくはためいて揺れた。

そしてお互いに包みあうように丸まり、私を飲み込もうと覆いかぶさってきた。

それは巨大な食虫花の漆黒の花弁だった。

 

購入・詳細はこちらをご覧ください